情報

機関紙づくり

 運輸労連機関誌2013年12月号から2015年12月号まで連載されたものです。

1 紙面をラクに作ることから始めてみよう

2 紙面づくりは三役が先頭に立って、仲間を巻き込もう

3 独りでもできる機関紙づくりのコツ

4 ポイントは、何を・なぜ・どう伝えるか

5 記事の成否は取材次第

6 わかりやすいのが、良い記事

7 ニュースは「正確・明瞭・簡潔」に

8 見出しは究極の要約記事

9 「タテ組み」と「ヨコ組み」

10  「出来上がりのイメージ」をつかむこと

11 レイアウトは正確に、具体的に配置すること

12 仲間の声に耳を傾けてみよう

13 紙面構成は「面」と「欄」を意識すること

14 記事には「タテ型」「ヨコ型」「外型」がある

15 イベント告知は、機関紙担当者の登竜門

16 見出しの基本形と処理の仕方

17 見出しにもレイアウトがある

18 見出しの書体の処理

19 レイアウト編①「迫力と動き」のある紙面に

20 レイアウト編②「カコミ記事」の活用

21 レイアウト編③ 読みやすさと“禁手”

22 レイアウト編④ 写真には向きがある

23 広報担当者の立ち位置とは何か

 

 

 


運輸労連のプライバシーポリシー  ご意見・お問い合わせ
Copylight(C) 2016 UNYUROREN All Rights Reserved.