2005年トラック運転者8,484名の証言

はじめに

2007年5月17日に行われた運輸労連の「組織拡大全国統一行動」は、歴史を刻んで32回目となりました。この行動では、全国の一般道路や高速道路のSA・PAで運輸労連の調査員(組合員)が、同じトラックドライバー、特に未組織の仲間を対象に調査を行っています。ドライバーのみなさんの現状や意識を幅広く調査し、それをもとに運輸労連の政策立案や対政府交渉などの基礎資料として活用し、マスコミ等でも毎年大きく取り上げられています。一方この行動は、運輸労連を未組織・未加盟のみなさんに知っていただき、組合結成や運輸労連への加盟に結び付けていくなど、組織拡大に向けての活動も目的にしています。

今年も7,103名のトラックドライバーのみなさんの声をお聞きし、アンケート結果をまとめることができました。ご協力に感謝します。なお、この調査結果は、運輸労連のホームページでも公開しています。